単身引越しを安い

MENU

引っ越し 単身パック

 

実際にインターネットを使い複数の引越業者から見積もりを取って自分の単身引越しに合わせて引越し料金の比較検討をしました。うまく使えば使うほど安い引越し料金になります!

 

単身パック引越し 単身引っ越し 単身パック 料金

 

 

実際に引越し単身パックを経験した人の95%以上の方が「一括無料引越業者見積もりは単身引越しの決め手でした!」と答えていました。

 


これをうまく活用すれば「必ず単身引越し料金が安く」なります!

 

 

引っ越し 単身パック

単身パック

 

単身パック

 

 


引越し 単身パック引っ越し 単身単身引っ越しパック

 

たとえば、僕の荷物が多い引越しを複数の引越業者で比較検討で引越し料金にこんなに差ができました。安い引越しになると気持ちに余裕ができます。

 

「僕の単身引越ランキング」からまとめてみました。僕の引越しでは単身と言いましても荷物がやや多めの単身引越しとなりましたのでやや見積もり料金が高いかもしれません。もし荷物が少なければ同じ地域内への単身引越しでは1万円代の話も聞いています。

 

1位サカイ引越センター2位ダック引越センターと続きますが、この順位は単純に僕が見積もりをとってみた金額の料金比較から順番をつけました。

 

ですので1位だから誰に対しても優れている引越業者というわけではありません。

 

たとえ10位であっても自分の都合に合う、そして費用にも満足がいく引越業者を選ぶことが大切のように思います。

 

たとえば、自分に一番の引越業者を見つけるためにはインターネットを利用した「安さを優先するために一括見積り引越しで最安値探し」を試してみるのはいかがでしょうか。

 

いろいろと引越業者を探しているうちに、突然、閃くように自分にピッタリの引越業者が見つかることもあります。

 

 

アリさん引越社の安いを検証⇒ サカイ引越センターの安いを検証⇒ 日通の安いを検証⇒ アーク引越センターの安いを検証⇒ アート引越センターの安いを検証⇒
単身引越しプラン 「超ミニ引越しプラン」「特ミニ引越しプラン」「ミニ引越しプラン」 「単身者専用の見積もり」 「単身パックS」「単身パックL」「単身パックX」「ワンルームパック」(単身、近距離、少量の引越し向き) 「ミニ引越し」「長距離ミニ引越し」 「単身引越パック」
単身引越し 条件 条件あり 条件あり 条件あり 条件あり -
単身引越し サービス ダンボール最大20枚・布団袋2枚・ガムテープ2本・ベッドマットカバーをプレゼント! 衣類をハンガーに掛けたまま運送できるハンガーボックスも無料。引越し作業終了後に10分間の無料サービス トラック1.5トン以上でダンボール10箱、3トン以上で30箱まで無料プレゼント

ハンバーケース5箱まで無料リース。

「ワンルームパック」ではダンボール箱10枚、ふとん袋1枚、テープ1本。また、ハンガーボックス2枚を無料でレンタル。 ダンボール最大50枚無料。ハンガーボックス最大4個まで無料。ダンボール無料引取りサービス。 エコ楽ボックスの無料貸し出しあり。不要のダンボールの無料回収サービスあり。
単身引越し 割引 お得 引越しをする友達を紹介で友だちの引越し料金を一部割引。紹介者には自分の引越し料金を5%割引。さらに商品プレゼント。インターネットの見積もりで引越し実費から10%割引。 訪問見積もりで「ひとめぼれ」をプレゼント。 「単身パックS」(123u)「単身パックL」(188u)はインタネット2.100円割引。2BOX以上複数基1.050円割引。引越費用でマイル・ポイントも貯まる。 毎月1日〜20日まで特別割引あり。(土日祝、大安、繁忙期を除く) インターネットで見積もり割引あり。
僕の引越し安い評価 ★★ ★★★★★ ★★ ★★ ★★

 

クロネコヤマト引越センターの安いを検証⇒ ハトのマークの引越センターの安いを検証⇒ ダック引越センターの安いを検証⇒ レンタカー プランの安いを検証⇒ 赤帽便 プランの安いを検証⇒
単身引越しプラン 「単身引越ジャストサービス」 「小鳩パック」「小鳩プチトラパック」「小鳩スカイパック」 「シングルプラン」「ひっこし定額パック」 車種と時間で料金が違う 作業員1名、荷物は積める限り。
単身引越し 条件 荷物の多い少ないによって引越金額を計算する 引越費用を料金早見表にて確認が可能。 5キロ圏内、時間指定はできない。 費用には燃料代が含まれていない。 費用は時間制と距離制がある
単身引越し サービス 各種無料エコ資材(ダンボール)使用後に無料で回収 リユース資材による回収を含めたボックスの提供あり。 - 台車、幌がない場合があるので事前の確認が必要。 -
単身引越し 割引 WEB割引:2100円割引 平日割引:2100円割引 

早期申込割引:1050円割引 複数BOX割引:1050円割引

抽選で賞品プレゼントあり。 - メンバー割引、ネット割引、ポイントサービスがあり。 距離、時間が長くなるとそれに伴って料金が安くなる。
僕の引越し安い評価 ★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★

 


単身引っ越し

 

安い単身引越しを考えるうえで一番頭を悩ましたことは「1番安い引越し会社を選ぶ」ことでした。

 

単身引越しは、荷物の量、引越しする距離、引越しの時間、曜日、女性単身の引越し、またペット引越しと人によって引越しの方法に違いがあり、引越費用も業者によって違うからです。

 

ですので、実際に大手引越業者の見積もりを取り、引越業者の担当の方と、引越費用のこと、引越のノウハウ、そして引越業者の雰囲気を生で感じ取り、それを僕は検証するところから始めました。

 

その検証で思ったことは「引越業者料金はどこでも同じではない」です。

 

大切なことは、すべてをひとつの引越業者で決めるのではなく複数の引越業者から自分に合う引越業者を絞っていく方法をお勧めします。

 

 

 

引越し単身パック単身引越し単身 引越し

 

単身引越しをした方からアンケートをとった結果、単身引越しの方が選ぶ安い引越し方法では「1位/引越業者:80%」「2位/レンタカー:12%」「3位/赤帽便:6%」「4位/友人にお願いする:2%」の順番となりました。

 

最初に予想していた単身引越しを安くする方法は圧倒的にレンタカーを選ぶのではないかと思っていたのですが、最近では荷物の少ない単身の方でも「多少しか費用が変わらないなら楽な引越業者の方法を選ぶ」の傾向にあるようです。

 

また引越業者に単身引越しをお願いする理由としては、「1位/単純に引越し荷物を自分で運びたくない」「2位/仕事が忙しい」、もしくは「プライベートが忙しくて引越しに割ける時間がない」「3位/引越業者の提供する単身引越しプランが安かったから」「4位/引越しの準備や段取りをしたくない」「5位/引越し作業では友人、業者などに気を遣いたくない」となりました。

 

特に、3位の「引越業者が提供している単身プランの安さ」を考えている方が以外に多いのには驚きでした。いままでですと、「単身=荷物が少ない=レンタカー」が当たり前な引越し方法でしたが、これからは引越しの安さと引越し作業の楽を考えて安さを優先するために一括見積もり単身引越しで比較検討してみることも必須と強く思います。

 

単身引越しパック

 

 

単身パック 引っ越し

 

 

 

単身引越しを絶対に安くする決め手5項目!

 

1、自分に合う単身引越しの方法をできることから始める!

自分に合う単身引越しの方法はどれが一番かを無料で検討する。

2、無料で引越しの方法に合せて複数引越業者へ資料請求!

安い単身引越しをするため複数の引越業者からの無料見積もりは第一歩。まずは複数の見積もりから。

3、複数の引越業者見積もりから自分に合う業者を選ぶ!

引越費用だけではなく自分の引越しに合うことを考えて引越業者を絞る!

4、引越業者と引越し料金の値下げ交渉をする!

3社くらいに絞り引越業者と無料見積もりを比べながら費用を交渉をする!

5、単身引越し安いを考えて荷物を減らす!

不用な荷物を減らすことは安い単身引越しをするための基本。